COLUMN コラム

【DVD発売決定】チャ・スンウォン主演『がんばれチョルス』笑って泣ける感動作!

公開日 2020/08/21 09:00

変更日 2024/06/20 15:48

#

映画からバラエティーまで幅広く活躍する俳優、チャ・スンウォン。 そんな彼の最新作映画『がんばれチョルス』のDVD発売が2020年11月6日に決定しました。 子供のような父と大人びた娘が繰り広げる、笑って泣ける感動作となっています。

『がんばれチョルス』あらすじ

凸凹な二人のおかしな旅が始まった!
主人公チョルス(チャ・スンウォン)は、通行人が思わず足を止めてしまうほどの容姿と鍛え上げられた肉体を持ち合わせながら、頭脳は幼いまま。それでも彼は街の人たちから愛されていた。
ある日、チョルスは病院で、大人びた少女セッピョルと出会う。彼女は入院しており、難病と戦っていたのだが、そこで祖母から「チョルスがあなたの父親よ」と衝撃的な告白をされる。初めて出会ったはずなのに俺の娘だと!チョルスは予想もしなかった展開に目を白黒させる。
果たしてチョルスの隠された過去とは…?奇想天外な父と娘の大冒険が幕を開ける!

出典元:http://klockworx-asia.com/chulsoo/#INTRO

お茶の間から愛される個性派俳優チャ・スンウォン主演最新作!

©2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & YONG FILM & DEXTERSTUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED

予測不可能な物語の主演を務めたのは個性派俳優、チャ・スンウォン。
映画『毒戦 BELIEVER』『ハイヒールの男』、ドラマ「華政(ファジョン)」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」はもちろん、大ヒットバラエティ番組「三食ごはん」まで幅広く活躍し、マルチな能力を発揮している今注目の俳優です。

そんな韓国、日本のお茶の間で愛されるチャ・スンウォンが本作で見せるのは、爆笑必須のコミカルな演技。
これまでの二枚目のイメージを捨てた強烈なビジュアルで見事な名演を披露しています!

今までとは一味違うチャ・スンウォンの姿を観ることのできる作品になっています。

©2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & YONG FILM & DEXTERSTUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED

アカデミー賞ノミネートのスタッフが紡ぎ出す笑いと涙の物語

©2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & YONG FILM & DEXTERSTUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED

共演には天才子役として名を上げるオム・チェヨン、俳優パク・ヘジュン、そしてベテラン女優キム・ヘオクら新旧の名優たちが顔を揃えました。
彼らと主人公チョルスとの笑える掛け合いにも注目でしょう。

監督は、約700万人動員の大ヒットを記録した『LUCK-KEY/ラッキー』で個性派俳優ユ・ヘジンの力量を証明したイ・ゲビョク監督。
さらに、『パラサイト 半地下の家族』で第92回アカデミー賞編集賞にノミネートされたヤン・チンモによる巧みな編集も必見となっています!

©2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & YONG FILM & DEXTERSTUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED

噛み合わないまま行動を共にすることとなった父と娘の行方は?そして明かされるチョルスの知られざる過去とは?
多くの観客の笑いと感動を誘う名作『がんばれチョルス』。

劇場だけでなく、DVDでもぜひご覧ください!

作品概要

©2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & YONG FILM & DEXTERSTUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED

『がんばれ!チョルス』

監督:イ・ゲビョク『LUCK-KEY/ラッキー』
脚本:キム・ヒジン、チャン・ユンミ、イ・ゲビョク
製作総指揮:キム・ウテク『新感染 ファイナル・エクスプレス』
キャスト:チャ・スンウォン、オム・チェヨン、パク・ヘジュン、キム・ヘオク
配給:クロックワークス

©2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & YONG FILM & DEXTERSTUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイトはこちら

商品概要

『がんばれ!チョルス』 2020年11月6日(金)発売

DVD TCED-5291 価格:3,800円+税  
【特典映像】予告編
【仕様】2019年/韓国/111分/片面1層/16:9LBシネマスコープ
本編音声:韓国語ドルビーデジタル 5.1chサラウンド/字幕:日本語字幕/1枚組

韓国映画

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

Kboard編集部