COLUMN コラム

韓国ドラマ『Mine』、全員容疑者⁉ 財閥一家を舞台にしたミステリー

公開日 2021/10/26 22:07

変更日 2024/06/20 21:24

#

Netflixで配信されている『Mine』は、大財閥の邸宅で起きた殺人事件を題材に、財閥一家のさまざまな事情を抱えた人々のバックグラウンドをえぐるミステリーです。美術館を使って撮影された邸宅や、豪華なファッションも話題に。

『Mine』

第一話の冒頭、血だまりの中に倒れる2人の人物。場所は大邸宅のロビー。第一発見者であるエマ修道女の語りで事件の60日前からストーリーは進められていきます。犯人は誰で、死んだのが誰かも中盤まで明かされないまま繰り広げられる財閥一家の人間模様。様々なバックグラウンドを抱えた女性たちがこのドラマの主役です。
『Mine』というタイトルについて、番組のHPには「自分が信じていたものから、勇敢に抜け出し、本物の自分を探す強靭な女性の物語」と書かれています。「Mine」は“自分のもの”でもありますが、韓国語で「마인」と書くと「魔人」と読むこともでき、二つの意味を持たせたタイトルになっています。『愛の不時着』はじめ、数々のヒット作を生み出してきたスタジオドラゴン制作のドラマです。

原題:『마인:MINE』(マイン)
演出:イ・ナジョン(『優しい男』、『恋するアプリLoveAlarm』)、オ・スンヨル、キム・ヒョンジュン
脚本:ペク・ミギョン(『力の強い女ト・ボンスン』、『僕を溶かしてくれ』)
韓国での放送:2021年5月10日~6月27日(全16話)
放送局:tvN

あらすじ

韓国屈指の大財閥ヒョウォングループ会長の邸宅で殺人事件が発生。その60日前、一家に2人の女性がやってきていた。一人は会長の長男の妻ソヒョンが雇った家庭教師。もう一人は会長の次男の妻ヒスが雇ったメイド。信頼し合う嫁たちは家庭教師とメイドをそれぞれの家に紹介し合い、家庭教師は次男の息子の家庭教師となり、メイドはカデンツァとよばれる本家のメイドとして働くことになるが、その2人の女性が小さな嵐を巻き起こす。さらに会長が脳梗塞で倒れ、意識不明になり、財閥一家に暗雲が垂れ込みはじめる。

Netflix ミステリー・サスペンス 俳優 女優 韓国ドラマ

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

ライターK

韓国情報を発信していきます★