COLUMN コラム

アジア映画好き必見!配信ですぐ楽しめる韓流・華流映画おすすめ5選【2020年代版】

公開日 2023/08/20 12:00

変更日 2024/06/20 14:28

#

2020年代の韓流・華流映画からおすすめ5作品をピックアップして紹介! カンヌ国際映画祭の秀作から、王道の恋愛もの、アクション、コメディなど、バラエティに富んだ映画が配信ですぐ楽しめる!

『別れる決心』

韓国映画界の鬼才パク・チャヌク監督が『お嬢さん』以来、6年ぶりに手掛ける最新作!
2022年に第75回カンヌ国際映画祭<コンペティション部門>監督賞を受賞した。

CANNES, FRANCE – MAY 24: Tang Wei, Director Park Chan-wook and Park Hae-il attend the photocall for “Decision To Leave (Heojil Kyolshim)” during the 75th annual Cannes film festival at Palais des Festivals on May 24, 2022 in Cannes, France. (Photo by Daniele Venturelli/WireImage)

あらすじ

登山中に山頂から男が転落死する。刑事チャン・ヘジュン(演:パク・ヘイル)は事故ではなく事件の線で捜査をはじめた。被害者は生前、若い中国人妻ソン・ソレ(演:タン・ウェイ)に暴力を振るっていた。
ヘジュンは被疑者としてソレを疑いつつも、影のある美しさに釘付けになる。ソレを張り込むうちに、彼女に密かに欲情していくヘジュン。
やがて、ソレのアリバイが確立。その後、被害者の遺書が見つかり、事件は自殺として解決しようとしていた。
ヘジュンとソレは、刑事と被疑者の一線を越えて惹かれ合うが、事件の真相を知ったヘジュンはソレに別れを告げる。
時を経て、妻がいるイポ市に転勤したヘジュンは別の男と再婚したソレと再会。
しばらくして、ソレの2番目の夫が刺殺され、ヘジュンとソレは再び刑事と被疑者の関係になった。

おすすめポイント

殺人事件をきっかけに出会ったヘジュンとソレ、刑事と被疑者の禁断の愛を描いた作品。
張り込みを通じてソレの生活に入り込むヘジュンの妄想と、そんなヘジュンを見つめ返す彼女の視線が交錯する。刑事としての性と男としての性で葛藤するヘジュンはミステリアスなソレとの抗えない運命に何度も引き寄せられる。2人の匂いたつほどの欲望が伝わってくる映像表現は秀逸。
さらに、ヘジュンが事件の真相に迫るスリリングな展開は衝撃的だ。

配信情報

『別れる決心』Amazonプライム・ビデオ独占配信中!

Amazon.co.jp: 別れる決心を観る | Prime Video

※こちらから視聴できます。

『キル・ボクスン』

カンヌ国際映画祭女優賞受賞の実力派女優チョン・ドヨンが伝説の殺し屋に扮するバイオレンスアクション!

あらすじ

キル・ボクスン(演:チョン・ドヨン)は、数々の強者を斬りまくる負け知らずの伝説的な殺し屋。
殺しを生業にしながら、私生活では思春期の娘を名門学校に通わせるシングルマザーだ。
殺し屋を束ねる組織“MKエンターテインメント”との契約がもうすぐ満了となり、ボクスンは娘の為に引退を考えていた。
だが、ボクスンの師匠である“MKエンターテインメント”の代表チャ・ミンギュ(演:ソル・ギョング)は彼女を手放そうとはしなかった。
ある日、Aクラスの暗殺ミッションを受けたボクスンは、ターゲットである男子大学生を自殺に見せかけて殺害しようと計画。だが、大学生の複雑な事情を知ったボクスンは、計画を中止する。この事件を発端に、ボクスンは組織と決裂し、組織の殺し屋たちから狙われる羽目になった。

おすすめポイント

シングルマザーの殺し屋ボクスンが無双するスリル満点のバイオレンスアクション!
銃撃、肉弾、殺陣を交えた殺し屋同士のアクションと壮絶なバイオレンスは見応え充分!
人生の過渡期を迎えたボクスンが、私生活では母親としての娘を、仕事では新入りを育てる事に葛藤する。ボクスンに執着するミンギュが組織内に緊張をもたらす展開はドキドキハラハラものだ。対立していくボクスンとミンギュの関係にも目が離せない!

配信情報

『キル・ボクスン』NETFLIXにて独占配信中!

Amazonプライムビデオ Netflix アクション ミステリー・サスペンス ラブコメディ ラブロマンス 韓国映画 韓流

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

itoimiki