COLUMN コラム

実は家族!親子で活躍している韓国俳優&アイドル5選!

公開日 2022/12/11 20:00

変更日 2024/06/20 17:46

#

『ユミの細胞たち』イ・ユビの母、映画『神と共に』ハ・ジョンウの父、『社内お見合い』大御所イ・ドクファの娘など、実は親子で活躍している韓国俳優やアイドルをご紹介します。【2023/05/12更新】

①キョン・ミリ & イ・ユビ親子

《母》女優キョン・ミリ

【本名】キョン・ミリ(견미리)
【生年月日】1965年1月27日
【身長】159cm
【デビュー】1984年
【所属事務所】HOSOOカンパニー
【出演作】『宮廷女官チャングムの誓い』『朱蒙(チュモン)』『イ・サン』『屋根部屋のプリンス』『ホジュン〜伝説の心医〜』『家族なのにどうして?』『野獣の美女コンシム』『ピョン・ヒョクの恋』『コンビニのセッピョル』ほか

1984年にMBC公募採用により俳優デビューしたキョン・ミリは、88年の時代劇ドラマ『朝鮮王朝五百年 仁顕王后』で淑嬪崔氏役を演じ、MBC放送演技大賞で新人賞を受賞。その後も現代劇・時代劇ともに活躍するベテラン女優です。彼女の娘たちも美人姉妹で女優として活躍しています。

《娘》女優イ・ユビ

【芸名】イ・ユビ(이유비)
【本名】イ・ユジン
【生年月日】1990年11月22日
【身長】164cm
【デビュー】2011年
【所属事務所】Y-BLOOMエンターテインメント
【出演作】『ヴァンパイア☆アイドル』『優しい男』『九家の書』『ピノキオ』『夜を歩く士〈ソンビ〉』『むやみに切なく』『恋するダイアリー』『ユミの細胞たち』シリーズ ほか

幼い頃から周囲に「お母さんのような俳優になりたい?」と聞かれることが嫌いで、役者にはならないと誓っていました。しかし、ミュージカルに関心を持ち、小学6年のときに声楽を専攻。大学2年生のときに、家族に内緒で受けたオーディションをきっかけにドラマ『吸血鬼アイドル』でデビューしました。人気ドラマ『ユミの細胞たち』シリーズのぶりっ子な同僚ルビ役で知られています。

《次女》イ・ダイン&イ・スンギ夫婦

キョン・ミリの次女でイ・ユビの妹である女優イ・ダインは、2023年4月7日に人気俳優イ・スンギと結婚。ソウル市江南で行われた挙式は非公開だったものの、年末の授賞式並みに豪華すぎる規模で、イ・スンギがバラエティ番組で共演した芸人や歌手など韓国芸能界の有名人たちが出席しました。イ・ダインは、ドラマ『黄金の私の人生』チェ・ソヒョン役や『花郎〈ファラン〉』 スヨン役などでドラマ出演しています。

②キム・ヨンゴン & ハ・ジョンウ親子

《父》俳優キム・ヨンゴン

【本名】キム・ヨンゴン(김용건)
【生年月日】1946年05月08日
【身長】178cm
【デビュー】1966年
【出演作】『アラン使道伝』『主君の太陽』『ドクター異邦人』『家族なのにどうして?』『運命のように君を愛してる』『キル・ミー ヒール・ミー』『結婚契約』『シンデレラと4人の騎士』『サンガプ屋台』ほか

キム・ヨンゴンは、『キルミー・ヒールミー』主人公ドヒョンの祖父役や『運命のように君を愛してる』チョン会長など、「国民の義父」の愛称で知られ、分厚い唇がトレードマークのベテラン俳優です。声優出身俳優で、デビューから10年後に息子である現俳優の長男ハ・ジョンウと次男チャ・ヒョヌが誕生しました。

《息子》俳優ハ・ジョンウ

【芸名】ハ・ジョンウ(하정우)
【本名】キム・ソンフン(김성훈)
【生年月日】1978年3月11日
【身長】184cm
【デビュー】2003年
【所属事務所】ワークハウスカンパニー
【出演作】『チェイサー』『国家代表!?』『哀しき獣』『ベルリンファイル』『テロ、ライブ』『群盗』『いつか家族に』『暗殺』『お嬢さん』『トンネル 闇に鎖された男』『神と共に』シリーズ ほか

ハ・ジョンウは、20作あまりの舞台演劇でキャリアを積み、1998年にCMで俳優デビューし、2003年にスクリーンデビューを果たし、ドラマ進出もしています。2005年の映画『プラハの恋人』で注目を浴び、2010年の『国家代表!?』と2011年『哀しき獣』で百想芸術大賞映画部門の男性最優秀演技賞を2年連続受賞しています。

K-POP 俳優 女優 韓国ドラマ 韓国映画

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

志賀内のぞ美