COLUMN コラム

【2021年最新情報アリ】2020年流行ったK-POP15選!世界で注目を集めたアーティストは!?

公開日 2021/02/05 22:00

変更日 2024/06/20 20:11

#

2020年、アジアに止まらず世界中で活躍の幅を広げたK-POPアーティストが続々登場しました。今回は再生回数や受賞歴、海外での活躍などを総合的に判断して筆者の独断で厳選した「2020年流行のK-POP15選」をご紹介します!これを見れば、2020年のK-POP復習はバッチリ!!また、2021年超最新情報もお届けします♪

15. ATEEZ

2018年にデビューした8人組ボーイズグループ。
2019年末には日本デビューも果たしています。

ATEEZ『THANXX』

2020年8月にリリースされた『THANXX』。
24日の0時に公開されたこのMVは、午後10時には再生回数1000万回を突破しました。
この記録は自己最速だと言われています!

14. Red Velvet

2014年にデビューした5人組ガールズグループ。
デビュー当時はアイリーン、ジョイ、ウェンディ、スルギの4人でしたが、翌年2015年にイェリが加入し5人組のグループとなりました。

Red Velvet『Psycho』

2020年は、2019年12月にリリースした曲『Psycho』が大人気の1年でした。
本曲はなんと、リリースからわずか93日で再生回数1億回を突破したそう…!現在の再生回数は2億を超えています。

さらに、2021年1月に行われたゴールデンディスクアワードでは『Psycho』がベストデジタルソング賞を受賞するなど、1年を通して大活躍でした!

13. aespa

東方神起、EXO、Red Velvetなど大人気のグループが多数所属する事務所SMエンターテインメントから2020年11月にデビューしたaespa。
韓国人メンバー2人、日本人メンバー1人、中国人メンバー1人の4人で構成されたガールズグループです。
aespaは電撃デビューということもあり、デビューするとすぐに大きな話題になりました。

aespa『Black Mamba』

そんな彼女たちのデビュー曲『Black Mamba』 。
たった24時間でMVの再生回数が2100万回を突破するなど世界中から注目を集め、さらに1月には1億回を突破しました。

アバターというコンセプトも持つ新しいグループで、2021年彼女たちがどう活躍の幅を広げていくのか、今後にも注目です♪

12. Stray Kids

2017年のサバイバル番組『Stray Kids』から誕生したJYP所属の8人組ボーイズグループ。
デビュー当時は9人組グループでしたがメンバーが1人脱退し、現在は8人で活躍しています。

また2020年3月にはアルバム『SKZ2020』で日本デビューを果たし、活躍の幅をますます広げている注目のグループです!

Stray Kids『Back Door』

2020年9月にリリースしたこの曲は、アメリカTIME誌が発表した2020年ベストソング10選に唯一のK-POPアーティストとして選出されるなど、世界で注目を集めました。
再生回数も1億回を超えています!

11. ENHYPEN

BTSが所属するBig Hit EntertainmentとCJ ENMによるサバイバル番組『I-LAND』から、2020年11月にデビューした男性7人組グループ。

ENHYPEN『Given-Taken』

世界中で人気を集めるENHYPENのデビューアルバムのリード曲であるこの曲は、デビュー初週からアメリカのビルボードにランクイン。
また2020年12月に放送された『FNS歌謡祭』にも出演するなど、まさに世界中で活躍する「グローバルグループ」。
2021年の活躍からも目が離せません!

BLACK PINK ITZY IZ*ONE NCT TWICE 防弾少年団

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

ライターK

韓国情報を発信していきます★