COLUMN コラム

フー・ジュン主演!ドラマ『天龍八部』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ

公開日 2022/01/31 20:00

変更日 2024/06/20 21:16

#

中国圏各国で放送され、人気のドラマ『天龍八部』。特に台湾では、記録的な視聴率を記録するほど高い人気を得ています。そんな『天龍八部』のあらすじやキャスト、視聴方法をまとめました。アクションやラブストーリーのほかに、サスペンス要素も楽しむことができるこの作品をぜひお楽しみください。

『天龍八部』ってどんなドラマ?

2004年に中国本土で放送された中国圏ドラマです。

原作は、中国圏で根強い人気を持つ、金庸の同名武侠小説。
放送開始後、中国本土各地で視聴率No.1を獲得し、台湾ではテレビ史上最高視聴率を出すほど人気となった作品です。

「天龍八部」とは、仏教教典に描かれた釈迦如来に支える八種類の神や怪物のことで、登場する主要キャスト8人はこの役割を担っています。

2002年から2003年の約半年間撮影が行われ、約20億円かけて作られた街一つ分の広さを誇る豪華セットは当時話題となりました。
現在は、観光名所として多くの人が訪れています。

中国本土、香港、台湾の実力俳優たちがキャスティングされていることでも話題となったこの作品。

喬峯を演じるフー・ジュンは、『情熱の嵐~LAN YU~』で「香港アカデミー賞」主演男優賞を受賞しています。
また、台湾小四天王の一人として人気の高いジミー・リン。

タイ映画『ジャンダラ』の出演がきっかけとなり国際的に活躍するクリスティー・チュンなど、実力派俳優たちが北宋の時代を生きる若者を個性豊かに演じているのが見どころです。

『天龍八部』では映画界でも活躍する一流スタッフ陣が加わっており、本格アクションとラブストーリー、さらにはサスペンス要素など見応えのある作品となっています。

『天龍八部 』のあらすじ

11世紀末、北宋と遼の国境の山道。
生まれたばかりの息子を抱えた契丹人の夫婦が、馬車に乗り険しい山道を通っていました。

するとそこへ、突如大勢の漢人たちがあらわれます。
そして、夫婦は漢人たちに囲まれてしまうのでした。

妻子を守ろうと必死に戦う夫でしたが、無惨にも妻が殺害されてしまいます。
そして妻の死を目の前にした夫は、戦う気力をなくしてしまうのでした。

岩に剣で彫った遺書を残し、妻子を抱いて崖から飛び降りる夫。
しかし、夫は飛び降りて落ちていく途中で、息子が生きていることに気づきます。

息子を助けるため、夫は瞬時に岩壁に向かって息子を投げ上げるのでした。

そして30年の時が過ぎ、大理国の皇帝の甥である段誉は、1人雲南の山を散策しています。
争い事が嫌いで学問を愛する段誉は、家伝である武術の習得を嫌がり家出していたのです。

段誉は、無量剣派と他の門派が争っているところに出会します。
つい段誉は争いの仲裁に入ることに。

同じ頃、義理堅く腕も立つ喬峯は、人々から信頼されていましたが、大規模な謀反に巻き込まれていました。
身の潔白を晴らそうと必死になる喬峯ですが、何者かに邪魔され潔白を証明することができません。

修行中である虚竹は、仏心の高い少林寺の僧。
心ならずも、最高峰の武術の内攻を身につけてしまいます。
その内攻が少林寺の戒律に反するため、悩み続ける虚竹。

別々の道を歩んでいた3人が、ある日偶然出会い義兄弟の契りを約束するのですが……。

中国 中国ドラマ 台湾

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

ライターK

韓国情報を発信していきます★