COLUMN コラム

【期待大!】2022年放送予定!韓国地上波(SBS/KBS/MBC)の新作ドラマラインアップ

公開日 2022/01/12 11:00

変更日 2024/06/20 13:23

#

超メガヒット『ペントハウス』シリーズを生み出したSBSや、『恋慕』、『五月の青春』など上質なドラマを誕生させたKBS、『袖先赤いクットン』が大ヒットを記録したMBCなど、近年ケーブルに負けじと大ヒットを飛ばしている韓国地上波。本記事では2022年放送予定!地上波(SBS/KBS/MBC)の新作ドラマラインアップをご紹介!

2022年SBSで放送予定の新作ドラマ

「悪の心を読む者たち」

「悪の心を読む者たち」概要

動機のない殺人が急増していた頃、悪の頂点に立った連続殺人犯たちの心の中を読まなければならない、韓国初の犯罪心理分析官の話を描く犯罪心理捜査ドラマ

出典元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2184374

2022年放送予定!韓国地上波SBSの新作ドラマ1作目は、「悪の心を読む人たち」。
同名小説を原作に、90年代連鎖殺人犯たちの心を読むため奮闘する韓国初のプロファイラーたちを描くドラマ。
「熱血司祭」をヒットに導いたキム・ナムギルがSBSドラマにカムバック!プロファイリング、サイコパスといった言葉の概念すらなかった時代に連続殺人犯を“追う”人々の姿を描きます。
サスペンス、スリラー好きは必見!

「社内お見合い」

「社内お見合い」概要

優れたルックスと頭脳、財力、事業家としての手腕まで全てを備え財閥3世のカン・テム(アン・ヒョソプ)と、偶然の事故で自身の会社の代表である彼とお見合いすることになったシン・ハリ(元gugudan キム・セジョン)を中心に繰り広げられる甘く、殺伐とした社内恋愛ストーリー。

出典元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2179585

2022年放送予定!韓国地上波SBSの新作ドラマ2作目は、「社内お見合い」。
KakaoPageで連載された作家へファの同名ウェブ漫画を原作としたラブロマンス。
「浪漫ドクター キム・サブ2」に続き、「ホン・チョンギ(紅天機)」でも新たな魅力を見せ、ドラマを成功に導いたアン・ヒョソプが、何もかもを兼ね備えている完璧な財閥御曹司を演じます。
原作のウェブ漫画は、累積閲覧件数が3億2千万を誇る大ヒット作なだけに大きな期待が寄せられている作品です。

「なぜオ・スジェなのか」

SEOUL, SOUTH KOREA – SEPTEMBER 28: South Korean actress Seo Hyun-Jin attends the Photocall for the ‘VALENTINO’ Candystud Factory Pop-Up Store Opening on September 28, 2018 in Seoul, South Korea. (Photo by Han Myung-Gu/WireImage)

「なぜオ・スジェなのか」概要

成功だけを目指して心の中が空っぽになってしまった冷たい弁護士のオ・スジェ(ソ・ヒョンジン)と、そんな彼女を守るためなら怖いものはないロースクールの学生コン・チャン(ファン・イニョプ)の悲しいがトキメキ溢れる物語を描く。誤った選択で人生の方向がずれてしまった二人。どん底から這い上がるための一風変わった“ミステリーロースクールロマンス”

出典元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2178955

2022年放送予定!韓国地上波SBSの新作ドラマ3作目は、「なぜオ・スジェなのか」。
“メロクイーン”と呼ばれるソ・ヒョンジンと、「女神降臨」で大ブレイクを果たしている俳優ファン・イニョプが共演!
「清潭洞スキャンダル」「前世の仇敵たち」「嘘の嘘」を執筆するキム・ジウン作家と「ドクターズ」「ロマンチックドクターキムサブ”あなたが寝ている間に」を共同演出して「死の賛美」と口封じられたパク・スジンPDが演出を引き受けています。

2021 おすすめ ミステリー・サスペンス ラブロマンス 時代劇 視聴率 韓国ドラマ 韓流

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

Writer Nana