COLUMN コラム

《2022年》韓国ドラマ視聴率ランキングTOP13!韓国視聴者がハマった人気ドラマはコレだ!

公開日 2022/12/24 20:30

変更日 2024/06/20 13:30

#

本記事では、ニールセンコリア調べ最高視聴率を基に、地上波、ケーブル問わず全チャンネルの【2022年】韓国ドラマ視聴率ランキングTOP13をお届け!*12/13時点(22年に全話のうち半分以上を放送、毎日ドラマや週末ホームドラマを除く)韓国視聴者が2022年超絶ハマった人気ドラマはー?

13位 『軍検事ドーベルマン』tvN 10.1 %

あらすじ

ド・ベマン(アン・ボヒョン)はカネに忠誠を誓う腐った軍検事。民間の法律事務所のパートナー弁護士としてスカウトされるために、5年間の軍生活を終える日を待ち望んでいる。そんな中、除隊を一カ月前に控えたベマンの前に「法に勝る階級はない」と軍法を第一に考える新任・軍検事のチャ・ウイン(チョ・ボア)が現れる。上意下達の軍の世界で、階級関係なしに突き進むウインに対し、自分が除隊するまで事を起こすなとベマンは忠告する。そんな時、IMディフェンス会長ノ・テナム(キム・ウソク)とアイドル歌手アレンがハン・セナに性的暴行をし、セナはウインに助けを求める。赤髪姿で現れたウインは彼らを一掃、更にはアレンを拉致する。一方、同じくテナムの事件を追っていたベマンは、登録されている情報とは全く違うウインの正体に疑問を抱くようになるが…。

出典元:https://www.eigeki.com/special/mpdoberman

『リメンバー~記憶の彼方へ~』『無法弁護士~最高のパートナー』などを執筆し、法ジャンルで認められている脚本家のユン・ヒョンホの新作で、軍隊内の腐れ切った悪を懲らしめ、本物の軍検事へと成長していく物語。
今勢いが止まらないアン・ボヒョン、チョ・ボア、オ・ヨンス、キム・ヨンミン、キム・ウソクと若手スターたちが集結!
軍隊を舞台に、従来の法廷物が一度も見せたことのない軍法廷に初めてスポットライトを当てる斬新なドラマで注目を集めました。

12位 『結婚作詞 離婚作曲3』テレビ朝鮮 10.4 %

あらすじ

ラジオ番組の制作に携わり、忙しくも充実した毎日を送る3人の女性。だが予想外の出来事をきっかけに、幸せなはずの結婚生活が不協和音を奏で始めて…。

出典元:https://www.netflix.com/jp/title/81362748

シーズン1はTV朝鮮ドラマの歴代最高視聴率を叩き出し、シーズン2もカオスすぎる衝撃的展開にシーズン1を超える高視聴率を記録した人気ドロドロドラマのシーズン3。
衝撃のシーズン2ラストに続き、シーズン3もカン・シンヒョ、チ・ヨンサン、イ・ヘスクなど新しい顔ぶれが加わり、想像を超える波乱の物語が展開!ちゃっかり(笑)10%を超える視聴率を記録しています。
やたらとオバケが登場するなど、ツッコミどころは満載ですが、更なる激しいジェットコースター展開に沼ハマり必至です!

11位 『なぜオ・スジェなのか』SBS 10.7 %

あらすじ

高卒ながらTKローファームのスター弁護士であるオ・スジェ(ソ・ヒョンジン)。勝つためには手段を選ばない冷徹な彼女は、TKの会長チェ・テグク(ホ・ジュノ)も認める敏腕弁護士だ。しかし、最年少にして代表弁護士への就任が決まった矢先、ある事件に巻き込まれてしまい、兼任教授としてソジュン大のロースクールに左遷されることに。そこには、国選弁護人時代に殺人事件の被疑者として出会ったコン・チャン(ファン・イニョプ)がいた。チャンはキム・ドングという名前を捨て、新たな人生を送っていたのだ。複雑に絡み合う2人の過去と現在。企業売却、土地再開発を取り巻く権力者たちの欲望と悪事。チャンはスジェの周囲で起きる不可解な事件からスジェを無条件に守ろうとするが…。

出典元:https://culture-pub.jp/lp/whyher/#storyAnc

冷たい弁護士と怖いものはないロースクールの学生、誤った選択で人生の方向がずれてしまった二人が、どん底から這い上がる一風変わった“ミステリーロースクールロマンス”。
“メロクイーン”と呼ばれるソ・ヒョンジンと、『女神降臨』で大ブレイクを果たしている俳優ファン・イニョプが共演!
回を重ねるほど衝撃と反転の連続で、目が離せない展開が続いているのはもちろん、胸キュンのロマンスも同時に視聴者の心を奪っています。ソ・ヒョンジンのカリスマ性に圧倒される一作です。

Netflix おすすめ ラブロマンス ランキング 時代劇 百想芸術大賞 視聴率 韓国ドラマ 韓流

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

Writer Nana