COLUMN コラム

【全話解説】ドラマ『あなたの番です -反撃編-』第12話、翔太と二階堂の“ブロマンス”的関係を紐解く

公開日 2021/07/29 22:14

変更日 2024/06/20 14:32

#

人気若手俳優として不動の位置を占める横浜流星。その人気ぶりは日本を越えて韓国にも及んでいる。2020年には第15回ソウルドラマアワードでアジアスター賞を受賞。その受賞理由となった話題のドラマ『あなたの番です -反撃編-』(2019)で演じた「二階堂忍」役の謎めいた魅力に迫るべく、11話から全話を解説していく。

■心のハッキング

(C) NTV

最愛の妻・菜奈(原田知世)を殺害した犯人を探す手塚翔太(田中圭)は、大学院でAIを研究する謎の青年・二階堂忍(横浜流星)の協力を得て、AIによるプロファイリングを続けていた。マンションの住人に必ず犯人がいると確信した翔太は、住人たちの部屋を一軒一軒回り、ひとりひとりの情報を集めていく。その情報を二階堂がパソコンで打ち込み、AIに学習させる作業の繰り返しだ。怪しい人物には容赦のない翔太は向かうところ敵なしで危ない橋も渡ることを辞さない。そこで辿り着いたのが、ゴミ捨て場の清掃を担当させられた木下(山田真歩)の部屋だった。

(C) NTV

新しい管理人の蓬田(前原滉)から合鍵を得て木下の部屋に入り込んだ一堂は驚愕する。部屋の壁一面に貼付けられた事件関連の記事や写真。そして棚に陳列された住民たちのゴミのコレクション。何とも奇怪な室内の風景に言葉を失う翔太であったが、二階堂にとってはAIに学習させるための情報の宝庫である。ノンフィクション小説のために事件の情報を収拾していた木下から没収したゴミを元に早速データ化していく。それでもAIのアルゴリズムはなかなか犯人像を明確に演算することが出来ない。あともう少し技術力が進歩すれば可能となるAIによる心のハッキングも現時点では技術的に不可能である。二階堂が開発するAIは、あくまで人間の力だのみのところがある。AIに学習させるための情報は、持ち前の粘り強さと強引さを発揮する翔太のアナログな心のハッキング術が必要なのだ。その様子を静かに見つめる二階堂は、もう実は翔太の心をハッキングしているのかもしれない。

Hulu ソウルドラマアワーズ ミステリー・サスペンス

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

加賀谷健