COLUMN コラム

【全話解説】『あなたの番です -反撃編-』第13話 、「アジアスター賞」俳優横浜流星が発揮するポテンシャル

公開日 2021/07/30 20:00

変更日 2024/06/20 14:32

#

日本を越えて韓国にもその人気が及んでいる横浜流星。2020年には第15回ソウルドラマアワードでアジアスター賞を受賞。受賞理由となった話題のドラマ『あなたの番です -反撃編-』(2019)で演じた「二階堂忍」役の謎めいた魅力に迫るべく、11話から全話を解説していく。第13話では、二階堂が意外なポテンシャルを発揮する。

■「アジアスター賞」俳優っとしてのポテンシャル

(C) NTV

事件の真相解明を急ぐ翔太(田中圭)は、もはや手段を選ばない。怪しいと踏んだ住民たちの部屋を手当たり次第訪ねて回り、場合によっては強引に部屋に入り込んで情報を集めようとする。妻の菜奈が薬物によって殺害されたことから、ベトナム料理店店主殺害容疑がかけられていた403号室に住む医師・藤井(片桐仁)を疑いはじめた翔太は、彼の部屋に押し掛け、何か秘密が隠されていないか物色する。奥の部屋には薬瓶が散乱していた。有力な証拠を掴んだ翔太だったが、部屋の片隅に隠れていた不法滞在の外国籍の男たちの襲撃に遭う。

目隠しされた翔太を外に連れ出すと、ちょうどエレベーターから降りてきた二階堂(横浜流星)と鉢合わせになる。その場の状況を瞬時に把握した二階堂は戦闘態勢に。右フックで相手のボディに大きなダメージを与え、ハイキックで仕留めに掛かる。あまりにも一瞬の出来事に動揺を隠せない翔太は、居合わせた管理人の蓬田(前原滉)が撃退したものと勘違いしてしまうほどだ。常にミステリアスな雰囲気を漂わせもの静かな二階堂が発揮する能力は底知らずのところがある。 そのポテンシャルは、二階堂演じる横浜流星だからこそ発揮出来る能力でもある。

中学3年生の時に極真空手世界大会で優勝したことがある横浜にとってアクション場面はお手の物である。しかもこのアクション場面は、単にビジュアル的に盛り上げるだけでなく、二階堂というキャラクターが持つ知られざる側面を垣間見せる演出となっている。どんなドラマでもひとつの感情しか持たない単一的なキャラクターは面白みに欠けるものだが、こうした物静かなキャラクターが実は武術の使い手という設定は効果的だ。本作の二階堂役は、シリアスな演技を得意とする横浜にとっては恰好のはまり役であり、肉体派としての精悍なポテンシャルは「アジアスター賞」の栄冠に相応しいだろう。

Hulu ソウルドラマアワーズ

この記事を気に入ったらシェア!

この記事について報告する

  • 韓国大好き連載コーナー
  • vote
  • 中国ドラマ特集
  • K-POPニュース

WRITER INFOライター情報

加賀谷健